信頼に値する不動産業者か?を確認したいのであれば免許の確認を!

「自分の身は自分で守る」という格言は、至るところで見ることができます。 言葉の意味は、まさしく言葉の通りのため、説明をする必要はないかと思います。 では、この自分の身は自分で守るという言葉を、不動産売却時と限定したとき、どのような意味になるか?とイメージが付きますか?

不動産売却をするだけなのに、何故、身を守る必要があるのか?と気になるところかと思います。 その理由は、ズバリ「悪徳不動産業者」。 残念なことではありますが、この不動産業界にも悪徳業者は存在します。

これに引っかからないためにも、身を守っていこうというのが、今回のテーマ。

意外と簡単な方法で効果の高い身の守り方があるため、ぜひとも紹介したいと思った次第です。

ということで、以下より早速説明をしていくため、知識を身に付けて自己防衛をして欲しいと思います。

■免許の提示を求める

手っ取り早い方法として、免許の提示を求めるという方法があります。 実は不動産売買を行うためには、とある免許が必要となります。 それが、宅地建物取引業より発行される免許のことです。

これはれっきとした公的な免許(国土交通省)であり、信頼に値するものなので、とりあえず提示してもらうと安心感を得ることができます。

ただし、所持している悪徳業者も確かに存在するため、1つの目安と捉ええて確認するとよいかと。

ちなみに、言葉巧みに見せようとしない場合は注意が必要で、比較対象から外してもよいかもしれませんね。